for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪マネロン対策当局、カジノ運営スターを調査 クラウン買収に暗雲

 オーストラリアのマネーロンダリング(資金洗浄)対策当局である豪金融取引報告・分析センター(AUSTRAC)は7日、カジノ運営大手のスター・エンターテインメント・グループを顧客資産査定(デューデリジェンス)法違反の疑いで調査していると明らかにした。写真はスターのカジノ。シドニーで2016年2月撮影(2021年 ロイター/Jason Reed)

[シドニー 7日 ロイター] - オーストラリアのマネーロンダリング(資金洗浄)対策当局である豪金融取引報告・分析センター(AUSTRAC)は7日、カジノ運営大手のスター・エンターテインメント・グループを顧客資産査定(デューデリジェンス)法違反の疑いで調査していると明らかにした。

同業のクラウン・リゾーツに対する90億豪ドル(70億米ドル)での買収案が危うくなりそうだ。

AUSTRACが公表した新たな調査案件には、クラウンに対する既存調査を拡大したことも含まれている。

スターの開示資料によると、AUSTRACは2015年から19年まで「高リスク」などとされた顧客への対応を評価する中で同社のシドニーカジノでの法令順守(コンプライアンス)違反の可能性を見いだしたという。

スターによると、AUSTRACは同社に情報と文書の提出を求める方針を示しているという。同社は調査に全面的に協力すると付け加えた。

スターおよびクラウンの株価は午前の取引でともに下落した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up