for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪中銀、デジタル通貨の研究加速 利点まだ確信せず=当局者

オーストラリア準備銀行(中央銀行)の決済政策責任者、トニー・リチャーズ氏は18日、豪中銀は中銀デジタル通貨(CBDC)導入について研究を加速しているものの、利点に関してまだ確信を得られていないと述べた。金融サービス業界の会合で講演した。写真は2017年12月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

[シドニー 18日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(中央銀行)の決済政策責任者、トニー・リチャーズ氏は18日、豪中銀は中銀デジタル通貨(CBDC)導入について研究を加速しているものの、利点に関してまだ確信を得られていないと述べた。金融サービス業界の会合で講演した。

主要国の多くがCBDC発行の是非を検討しているが、いずれもまだ発行には踏み切っていないと指摘。だが、「リテールCBDC発行論の方向に傾く可能性を踏まえ、豪中銀はCBDCの研究を加速してきた」と述べた。

主要国の中では欧州中央銀行(ECB)とスウェーデンが最も先行してCBDCの役割を検討しているようだとする一方、米連邦準備理事会(FRB)は比較的慎重との見方を示した。

その上で「豪中銀スタッフも現時点で、国内においてCBDCに政策上の強い妥当性が生じているとは納得していない」とし、「国内の既存決済システムが既に家計や企業に安全かつ便利で安価な幅広い決済サービスを提供している」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up