for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪、米との軍事演習拡大を発表へ 基地改修も

[シドニー 28日 ロイター] - オーストラリアのモリソン首相は28日、7億4700万豪ドル(5億8000万米ドル)を投じて豪北部にある4つの軍事基地の改修を行い、米軍との軍事演習を拡大する計画を発表する。

ロイターが確認した発表文の抜粋によると、より大型の軍用機に対応するため北部準州で滑走路を延長し、射撃場を整備するほか、豪軍や米海軍の訓練設備を新設する。

モリソン首相は「米国や同盟国、インド太平洋の近隣諸国と協力し、われわれは豪国防軍への投資を通じて引き続き国益を推進する」と述べる見通し。

また「われわれが重視するのは、自由を支持する世界秩序の下、平和と安定、自由で開かれたインド太平洋を追求することだ」と述べる。

基地の改修は年内に開始され、2026年に完了する見込み。

米豪の合同軍事演習は2年に1度行われており、次回の演習は8月に始まる予定。

豪内務省の高官は今週、自由民主主義国家は戦争に備える必要があると発言した。高官は発言の理由を明らかにしていないが、豪州は中国との関係が急速に悪化している。また、台湾を巡る周辺地域の緊張も高まっている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up