May 14, 2019 / 2:50 AM / 2 months ago

4月豪企業景況感指数は+3に低下、雇用が軟調

 5月14日、ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)が発表した4月の企業景況感指数は、プラス3と前月から4ポイント低下した。写真はシドニーで昨年2月撮影(2019年 ロイター/David Gray)

[シドニー 14日 ロイター] - ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)が発表した4月の企業景況感指数は、プラス3と前月から4ポイント低下した。雇用指数が2016年終盤以降で初めて平均値を割り込み、労働市場減速の兆しが示された。

企業の先行き見通しを反映する信頼感指数は1ポイント上昇してゼロだった。売上指数は4ポイント低下しプラス7、収益指数は4ポイント低下しプラス1となった。

雇用指数は7ポイント低下し、マイナス1を記録。小売り、製造業、卸売部門で低下が目立った。一方、鉱山とサービス部門は比較的堅調だった。

NABグループのチーフ・エコノミスト、アラン・オスター氏は「雇用指数が軟調を示したのは今回が初めてだ。公式統計同様、雇用はこれまで持ちこたえていたが、経済活動の減速や弱い見通しの影響が労働市場にも波及している可能性がある」との見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below