for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪企業景況感指数、5月は過去最高更新 全業種が好調

 ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)が8日発表した5月の豪企業景況感指数は5ポイント上昇のプラス37と、過去最高を更新した。全ての業種が好調で、販売、収益、雇用がいずれも大きく伸びた。シドニー中心部で4日撮影(2021年 ロイター/Loren Elliott)

[シドニー 8日 ロイター] - ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)が8日発表した5月の豪企業景況感指数は5ポイント上昇のプラス37と、過去最高を更新した。全ての業種が好調で、販売、収益、雇用がいずれも大きく伸びた。

企業信頼感指数はプラス20と、3ポイント低下したが、歴史的に見ればなお高水準を維持している。

販売指数は6ポイント上昇のプラス47、収益性指数は6ポイント上昇のプラス40、雇用指数は5ポイント上昇のプラス25だった。

設備稼働率は若干低下したが、85.1%の高水準を維持。受注状況を示す指数はプラス26だった。

NABのチーフエコノミスト、アラン・オスター氏は「企業部門の堅調さを改めて示す内容だった。先行指標も短期的な強さを示している」とし、「経済は非常に急速な回復を経て、新たな成長局面に入りつつあるようだ」と指摘した。

調査は5月18─28日に実施された。ビクトリア州は同27日から新型コロナウイルス感染拡大に伴うロックダウン(都市封鎖)に入っており、個人消費に一定のマイナス影響が及ぶ可能性が高い。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up