December 13, 2017 / 3:52 AM / 7 months ago

12月の豪消費者信頼感指数、4年ぶり高水準

[シドニー 13日 ロイター] - メルボルン研究所とウエストパック銀行(WBC.AX)が発表した12月のオーストラリア消費者信頼感指数は前月から3.6%上昇し103.3となり、4年ぶり高水準を記録した。楽観的な見方が悲観的な見方を上回った。前月の指数は1.7%低下していた。

 12月13日、メルボルン研究所とウエストパック銀行が発表した12月のオーストラリア消費者信頼感指数は前月から3.6%上昇し103.3となり、4年ぶり高水準を記録した。写真はシドニーで昨年12月撮影(2017年 ロイター/Jason Reed)

前年同月比では6.1%上昇となった。

ウエストパックのチーフエコノミスト、ビル・エバンズ氏は「予想外の力強い内容となった」と指摘。その上で「賃金上昇の弱い伸び、貯蓄率の低さ、高水準の債務を背景に、個人消費の急増が可能だとは確信は持てない」と述べた。

消費者信頼感指数の内訳では、1年前と比べた家計の状況を示す指数は5.6%上昇、今後1年の家計見通しを示す指数は1.8%上昇した。

今後1年の景気見通しを示す指数は5.0%上昇、今後5年の景気見通しを示す指数は3.4%上昇した。

家財などを買うのに適した時期かどうかを示す指数は2.8%上昇した。

雇用の安定を感じているかどうかを示す指数は2011年5月以来の高水準となった。

住宅購入に適した時期かを示す指数は2.3%上昇した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below