October 9, 2019 / 3:47 AM / 5 days ago

豪消費者信頼感指数、10月は5.5%低下 約4年ぶり低水準

 10月9日、メルボルン研究所とウエストパック銀行が公表した10月のオーストラリア消費者信頼感指数は前月比5.5%低下した。写真はシドニーのショッピングモールで昨年2月撮影(2019年 ロイター/Daniel Munoz)

[シドニー 9日 ロイター] - メルボルン研究所とウエストパック銀行(WBC.AX)が公表した10月のオーストラリア消費者信頼感指数は前月比5.5%低下した。

9月は1.7%低下だった。前年同月比では8.6%低下となった。

10月の指数は92.8で2015年7月以来の低水準となった。悲観的な回答が楽観的な回答を大幅に上回ったことを示した。調査は1200人を対象に実施した。

この結果は、消費下支えのため政策金利を過去最低の0.75%に引き下げたオーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)にとって、懸念材料になるとみられている。

ウエストパックの主任エコノミスト、ビル・エバンズ氏は、「特に消費者の家計に関する期待や見方において、通常は金利が下がれば信頼感が改善する」と指摘。「今回は、この2つのサブ指数がそれぞれ3.7%と4.3%低下している。これは、中銀の利下げにもかかわらず、経済全体に対する(1年後の)見通しが6%、(5年後の見通しが)9.1%低下していることが一因の可能性がある」と分析した。

また、「消費者は利下げの理由の裏を読もうと神経質になっている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below