for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪消費者信頼感指数、6月は前月比5.2%低下 メルボルン封鎖措置で

メルボルン研究所とウエストパック銀行が9日に公表した6月のオーストラリア消費者信頼感指数は107.2と前月から5.2%低下した。ビクトリア州メルボルンでの新型コロナウイルス感染拡大抑制のためのロックダウン(封鎖措置)が響き、2カ月連続の低下となった。写真はシドニーのバス停で4日撮影。(2021年 ロイター/Loren Elliott )

[シドニー 9日 ロイター] - メルボルン研究所とウエストパック銀行が9日に公表した6月のオーストラリア消費者信頼感指数は107.2と前月から5.2%低下した。ビクトリア州メルボルンでの新型コロナウイルス感染拡大抑制のためのロックダウン(封鎖措置)が響き、2カ月連続の低下となった。

前月は4.8%低下していた。一方、豪州全体のロックダウンが緩和されつつあった2020年6月からは14.5%上昇。指数は100を超え、「楽観」が「悲観」を依然上回っていることが示されたが、差は縮まっている。

ウエストパックのチーフエコノミスト、ビル・エバンズ氏は「今回の低下はメルボルンの2週間のロックダウンを巡る懸念が原因なのはほぼ間違いない」と指摘。調査はロックダウン1週目に行われたとした。

ビクトリア州当局はメルボルンのロックダウン緩和を近く発表する見込み。8日に報告された新型コロナの市中感染者は1人だけだった。

消費者信頼感指数を構成する指数も軒並み低下。

1年前と比べた家計状況を示す指標は8.5%低下、今後1年間の家計見通しを示す指数も2.0%低下した。

今後1年間の経済見通しを示す指数は10.3%低下。今後5年の経済見通しを示す指数も1.4%低下した。

主要家財道具を購入する良い機会かどうかの判断に関する指数は、4.1%低下した。

住宅価格の見通しを示す指数は157と歴史的高水準を記録。一方、住宅購入意欲は、住宅の値ごろ感が薄れたため、大幅に低下した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up