for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪住宅価格、シドニーの都市封鎖でも上昇続く

[シドニー 2日 ロイター] - 不動産コンサルタント、コアロジックが2日発表した7月の豪住宅価格は、前月比で1.6%上昇した。6月は1.9%上昇だった。

 8月2日、不動産コンサルタント、コアロジックが2日発表した7月の豪住宅価格は、前月比で1.6%上昇した。写真は建築中の家。シドニーで2017年5月撮影(2021年 ロイター/Jason Reed)

シドニーで新型コロナウイルスの流行に伴うロックダウン(都市封鎖)が導入されたが、同国では住宅の値上がりが続いている。価格の高騰で長期的には需要が落ち込む可能性もある。

7月の住宅価格は、前年同月比では16.1%上昇と、2004年以降で最大の上昇を記録した。在宅勤務への移行で戸建て住宅が18.4%値上がりした。

シドニーの住宅価格は、ロックダウンにもかかわらず、前月比2.0%上昇、前年同月比18.2%上昇。メルボルンは前月比1.3%上昇、ブリスベンは2.0%上昇、アデレードは1.7%上昇。

主要都市は1.6%上昇、地方部は1.7%上昇だった。

コアロジックのリサーチディレクター、ティム・ローレス氏は「住宅販売は過去5年間の平均を約40%上回っている。売却物件は過去5年間の平均を約26%下回っている」と指摘。

「需要と広告物件のミスマッチが、引き続き住宅価格に上昇圧力をかける主因となっている」と述べた。

不動産市場の過熱は、消費者の資産拡大と信頼感の改善につながっている。オーストラリア統計局によると、住宅の資産価値は1-3月期だけで4500億豪ドル増え、8兆3000億豪ドル(6兆0900億ドル)となった。

ただ、シドニーの住宅の平均販売価格は100万豪ドルを超えており、割高感が出ている。

ローレス氏は「住宅の資産価値の1カ月の増加分は、収入の1年間の増加分を上回っており、多くの人にとって住宅は手の届かないものになりつつある」と述べた。

超低金利が住宅購入の追い風になっているが、規制当局は銀行に対し、審査基準を緩めないよう警告している。アナリストは、市場の過熱が続けば、年内にも融資の規制が強化される可能性があると予想している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up