June 4, 2019 / 12:43 AM / 23 days ago

銀行は利下げによる利益を借り手に還元すべき─豪財務相=新聞

 6月4日、オーストラリアのフライデンバーグ財務相(中央)は、国内4大銀行の幹部と会談し、利下げが行われた場合、国内の銀行は全ての利益を借り手に還元すべきだと伝えた。写真はキャンベラで昨年8月に撮影(2019年 ロイター/DAVID GRAY)

[メルボルン 4日 ロイター] - オーストラリアのフライデンバーグ財務相は、国内4大銀行の幹部と会談し、利下げが行われた場合、国内の銀行は全ての利益を借り手に還元すべきだと伝えた。オーストラリアン・フィナンシャル・レビュー紙が4日に伝えた。

オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)は4日の理事会で、政策金利を1.5%から1.25%に引き下げると予想されている。

同紙によるとフライデンバーグ氏は、コモンウェルス銀行(CBA)(CBA.AX)、ウエストパック銀行(WBC.AX)、オーストラリア・アンド・ニュージーランド銀行(ANZ)(ANZ.AX)、ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)(NAB.AX)の幹部と金利や国内住宅市場の問題、規制について協議。フライデンバーグ氏は「経済が国内外からの向かい風に直面するなか、銀行は融資を継続し、資金調達コストの引き下げで生じる利益は全て国民に還元すべきだ」と伝えた。

大手4行は、中銀の利下げを見込み、固定金利型の住宅ローン金利は既に引き下げている。

NABは先月30日、居住用住宅向けの2年物ローンの固定金利を20ベーシスポイント(bp)引き下げると発表。初めての住宅購入者向けの特別金利も3.69%から3.49%に下げると明らかにした。

ただ、4行の住宅ローンは固定金利型よりも変動金利型の方が圧倒的に多いため、収益への影響を抑えるため、変動金利型の金利はまだ引き下げていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below