August 17, 2018 / 1:44 AM / in 3 months

豪銀の不正に衝撃受けた、融資に影響も=中銀総裁

 8月17日、オーストラリア準備銀行のロウ総裁は、調査の続いている複数の国内銀行による不正問題について、衝撃を受けたと述べた。写真は同総裁(中央)。2016年9月にシドニーで撮影(2018年 ロイター/Jason Reed)

[シドニー 17日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(RBA、豪中央銀行)のロウ総裁は17日、調査の続いている複数の国内銀行による不正問題について、衝撃を受けたと述べた。調査を受けて銀行融資に一部で影響が出ているとも指摘した。

同国では王立委員会の調査により、国内銀による一連の不正が明るみに出ており、株価の下落や経営陣の交代につながっている。

総裁は議会の経済委員会で、「王立委員会の公聴会で明らかになった問題にひどく失望したと言わざるを得ない。多くのケースではがく然とした」と証言し、「金融機関と社会の信頼関係は損なわれた」と述べた。

また、調査を受けて各行は融資基準を厳格化しており、融資の提供に一部で影響が出ていると指摘。「金融機関はリスク回避を強めており、こうした動きは理解できる」との見方を示した。

「融資承認の手続きはより時間が掛かっており、却下される案件はおそらく増えているだろう」とも述べた。

ただ、信用の収縮が住宅市場の減速を引き起こしているわけではないと強調し、住宅供給の増加や中国人の需要減少、リスク志向の後退などが要因となっている可能性があると指摘した。

*見出しを整えて再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below