August 27, 2019 / 4:25 AM / 3 months ago

オーストラリア、貿易戦争でも外的ショック受けにくい=中銀副総裁

 8月27日、オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)のデベル副総裁は、世界的な貿易戦争は世界経済にとって「重大なリスク」だと指摘した上で、オーストラリアの経常赤字が縮小しつつあることは同国が外的ショックの影響を受けにくいことを示しているとの見解を示した。写真は豪ドル札。シンガポールで2017年6月撮影(2019年 ロイター/Thomas White)

[シドニー 27日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)のデベル副総裁は27日、世界的な貿易戦争は世界経済にとって「重大なリスク」だと指摘した上で、オーストラリアの経常赤字が縮小しつつあることは同国が外的ショックの影響を受けにくいことを示しているとの見解を示した。キャンベラでの講演で述べた。

同副総裁は、国内総生産(GDP)に占める対外純負債の比率は過去10年間に低下し、2000年初め以来の低水準だと指摘。この負債のほとんどは豪ドル建てで保有されており、同通貨がショックの重要な緩衝材になっているとの見解を示した。

また、同時にオーストラリアでは外国株式への投資が大幅に拡大しており、すべて外貨建てで保有されていると指摘。

「対外収支は脆弱(ぜいじゃく)性をもたらしておらず、過去30年間により強固になった」と述べた。

「バランスシート全体を見れば、オーストラリアは対外純資産国だ」とし、「したがって為替レートが下落した場合、対外純負債の価値は上がるのではなく下がる。つまり、為替レートが外的ショックの緩衝材としての重要な役割を担っている」と語った。

副総裁はまた、既存のルールに基づいた国際貿易システムについて、幾分の欠点はあるものの、世界経済の成長と繁栄に「大きな恩恵」をもたらしたと指摘。「オーストラリアは明らかにこのシステムの主な受益国だ。現在みられているシステムへの脅威はオーストラリアと世界にとって重大なリスクだ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below