May 23, 2018 / 9:38 AM / 3 months ago

中国における債務拡大、豪州最大の経済リスクの1つ=豪中銀総裁

[シドニー 23日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)のロウ総裁は23日、最大の貿易相手国である中国で債務が拡大していることに触れ、豪州が直面する最大の経済的リスクには「中国における事態悪化」の可能性が含まれているとの認識を示した。

総裁はシドニーで行う講演の原稿で「中国における安定した堅固な金融システムは明らかにオーストラリアの利益だ」と指摘。「おそらく、現時点で中国経済に対する単一の最大リスクは金融セクターおよびそこで過去10年にかけて大幅に積み上がった債務にある」とした。

中国の経済規模と比較した債務残高について、新興国市場の基準から判断すると現在は「異常に大きい」とし、多くの先進国を上回っていると指摘。「これまでの経験では、中国でみられているような金融リスクの拡大には国内総生産(GDP)の伸び鈍化もしくは金融危機がほとん付き物だ」とした。

その上で、中国当局による最近の措置および経済成長の減速を容認する姿勢について、中国が国内金融システムの脆弱性に真剣に対処していることを示す「強いシグナル」だと評価。RBAは中国と中国経済を理解するのに相当な資源を充てている、と付け加えた。

また、豪中銀は現時点で外貨準備の5%を人民元で保有していることを明らかにした。

講演のタイトルは「オーストラリアの深まる中国との経済関係:機会とリスク」。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below