for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪小売売上高、3月は前月比1.4%増 予想上回る

 4月21日、オーストラリア統計局が発表した3月の小売売上高(速報値)は前月比1.4%増加し、市場予想の1%増を上回る伸びとなった。写真はシドニーのショッピングモールで昨年12月撮影(2021年 ロイター/Loren Elliott)

[シドニー 21日 ロイター] - オーストラリア統計局が21日発表した3月の小売売上高(速報値)は前月比1.4%増加し、市場予想の1%増を上回る伸びとなった。住宅価格の上昇や雇用増加を背景に消費者信頼感が高まり家計消費が拡大している。

売上高は307億2000万豪ドル(237億1000万米ドル)で、前年同月比では2.3%増加した。昨年3月は新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)が同国を襲ったところだった。

オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)はインフレ圧力が生じるまで利上げを検討しないとしているが、3月の小売統計は国内経済の堅調を示す内容となった。

AMPキャピタルのチーフエコノミスト、シェーン・オリバー氏は「小売売上高や他のサービスを含む消費支出の伸びは、雇用回復や力強い消費者信頼感、低金利、住宅価格・株高による資産効果、高い貯蓄率に見られる潜在的な需要を反映し、今後も堅調に推移する見込みだ」と語った。

3月はビクトリア州と西オーストラリア州が伸びをけん引した。両州では2月に一時的なロックダウン(都市封鎖)措置が導入され、小売売上高が落ち込んでいた。

両州を中心に3月はカフェやレストラン、食品の持ち帰りサービスの伸びが目立った。衣料、履物、アクセサリー、百貨店なども堅調だった。

ANZはリサーチノートで「カフェやレストランへの支出がパンデミック前の水準に戻ったことは、サービスセクターへの消費支出の全般的な回復傾向を反映している可能性がある。小売統計はモノの消費に重点を置いていることから、小売売上高は伸びが鈍化したり、減少する可能性がある」と分析した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up