for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪中銀の声明全文

    [シドニー 1日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(RB
A、中央銀行)が発表した声明は以下の通り。
    
    本日開催された理事会において、キャッシュレートと3年物国債利
回りの目標値を25ベーシスポイント(bp)に据え置くことを決定し
た。また、ターム物資金調達ファシリティー(TFF)の規模を拡大し
利用期間を長期化することも決定した。
    TFFの拡大により、預金受入金融機関は3年間25bpの固定金
利で、信用残高の2%の追加的な資金調達が可能になる。2021年6
月末までこの追加資金を利用することができる。
    この延長により、信用残高の最大3%とした当初の制度が終了する
9月末以降もTFFへのアクセスを確保することができる。企業向け貸
し出しの拡大に関連した追加的な資金調達も、2021年6月末まで利
用できるようになった。詳細は添付の通知に記載した通り。
    現在までに、金融機関はTFFの下で520億ドルを借り入れてお
り、今後数週間の間に一段の利用が見込まれる。本日の変更により、こ
のファシリティーの下で利用可能な総額は約2000億ドルとなる。こ
れは借り手の金利を低水準に維持することに寄与する。また金融機関の
低コストによる継続的な資金調達への安心感を高めることで信用供与を
支援する。
    TFFなど豪中銀が3月中旬に打ち出した一連の政策は、豪経済の
支援している。オーストラリアの金融システムは非常に高水準の流動性
が保たれ、借入金利は過去最低水準にある。国債市場は発行量が大幅に
増加する中で正常に機能している。
    豪中銀は先月、3年物国債の利回りを目標である25bpに維持す
るために、さらに100億ドルの豪政府証券(AGS)を購入した。3
月以降、合計で610億ドルの国債を購入している。今後も必要に応じ
て追加購入を行う。利回り目標は、完全雇用とインフレ率の目標達成に
向けて進展があるまで据え置かれる。
    世界的には、2020年前半の非常に厳しい収縮を経て、景気回復
が不均一な形で進行している。回復の今後の道筋は新型コロナウイルス
の封じ込めに大きく左右される。陽性率の高止まりや上昇により、一部
の国では最近、成長の勢いが失われている。対照的に中国では経済成長
が比較的堅調に推移している。
    金融市場では、経済見通しの不確実性が高いにもかかわらず、ボラ
ティリティーは低く、多くの資産の価格は大幅に上昇している。債券利
回りは歴史的に低い水準にとどまっている。米ドルはここ数カ月、ほと
んどの通貨に対して下落している。このような状況と商品価格の上昇を
受けて、豪ドルは約2年ぶりの高値付近へ上昇した。
    豪経済は非常に困難な時期を迎えており、1930年代以来最大の
縮小を経験している。このように厳しい状況ではあるが、景気の落ち込
みは当初の予想ほど深刻ではなく、現在国内のほとんどの地域で回復が
進んでいる。しかしビクトリア州での新型コロナ感染拡大が同州経済に
大きな影響を与えていることから、この回復は不均一で起伏の多いもの
となる可能性が高い。
    6月と7月の雇用は増加したが、失業率と不完全雇用は依然として
高水準だ。より広範な総需要の伸び鈍化とビクトリア州での新型コロナ
感染拡大は、労働市場の本格的な回復には数カ月かかる可能性が高いこ
とを意味している。中銀の中心シナリオでは、失業率は2020年後半
に10%前後まで上昇し、その後徐々に低下して2年後には7%前後ま
で低下すると見込まれている。
    賃金と物価の上昇圧力は依然として抑えられており、この状況はし
ばらく続く公算が大きい。インフレ率は今後数年間、平均で1─1.5
%になると予想されている。
    経済は、過去6カ月間の実質的かつ協調的で前例のない政策緩和に
よって支えられている。財政政策も重要な役割を果たしている。オース
トラリアの公的部門の財政状況は良好な状態にあり、これが継続的な支
援を可能にしている。実際、経済の見通しや高い失業率予想を踏まえる
と、財政・金融面での支援はしばらくの間必要となる。さらに、バラン
スシートが良好で、高水準の流動性が利用可能な国内の金融機関が景気
回復に寄与している。
    理事会は、オーストラリアの雇用、所得、企業を支援するためにで
きることを行うことを約束している。本日のTFFの延長を含め、理事
会の措置は資金調達コストを低く抑え、家計や企業への信用供給を支援
している。理事会は必要とされる限り高度に緩和的な状況を維持し、さ
らなる金融措置が景気回復をどのように支援できるかを引き続き検討し
ていく。完全雇用に向けて進展があり、インフレ率が2─3%の目標値
の範囲内で持続的に推移すると確信するまでは、キャッシュレートの目
標値を引き上げない。

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up