August 6, 2019 / 4:08 AM / 14 days ago

豪貿易黒字、6月は過去最高 経常収支が黒字化の可能性

 8月6日、オーストラリア連邦統計局が発表した6月の貿易収支(季節調整済み)は80億豪ドル(54億3000万ドル)の黒字と、過去最高を記録した。写真はシドニーの港で2017年7月撮影(2019年 ロイター/David Gray)

[シドニー 6日 ロイター] - オーストラリア連邦統計局が発表した6月の貿易収支(季節調整済み)は80億豪ドル(54億3000万ドル)の黒字と、過去最高を記録した。黒字幅は30%拡大。予想の60億豪ドルを大幅に上回った。

これを受け、第2・四半期の経常収支は1970年代以降で初めて黒字に転じる可能性が高いとみられている。

資源輸出の拡大が続いており、家計消費の低迷を相殺し、第2・四半期の国内総生産(GDP)に寄与するとみられている。

キャピタル・エコノミクスのエコノミスト、ベン・ウディ氏は「最近の国内経済の低迷を踏まえると、純輸出がおそらく第2・四半期のGDP伸び率を押し上げるけん引役になる」とし、「国内の見通しは厳しいが、一筋の希望の光がさしている」と述べた。

統計発表を受けて、豪ドルAUD=D3は7カ月ぶり安値の1豪ドル=0.6748米ドルから0.6780米ドルまで上昇。

金利先物市場<0#YIB:>は、政策金利(現行1%)が10月に0.75%に、来年初めに0.5%に引き下げられるとの見方をほぼ完全に織り込んでいる。

6月の輸出は1%増加。主要輸出産品の鉄鉱石の価格上昇や石炭輸出の拡大が寄与した。6月の輸入は4%減少。国内消費・投資の低迷を示唆している。

第2・四半期の貿易収支は50億ドル以上拡大し、過去最高の198億豪ドルとなった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below