May 30, 2019 / 4:36 AM / 3 months ago

豪最低賃金、7月1日から3%上げ 景気・インフレ低迷で伸び率縮小

 5月30日、豪公正労働委員会(FWC)は、7月1日から国内の最低賃金を3%引き上げると発表した。写真はオーストラリアのニューカッスルで昨年8月撮影(2019年 ロイター/David Gray)

[シドニー 30日 ロイター] - 豪公正労働委員会(FWC)は30日、7月1日から国内の最低賃金を3%引き上げると発表した。景気とインフレの低迷を反映し、昨年の伸び率(3.5%)を下回った。

ただ、今回の最低賃金引き上げは、目標バンドの中間点となる2.5%の平均インフレ率を達成するためには3%以上の年間賃金伸び率が必要と考えるオーストラリア準備銀行(中央銀行)に歓迎されそうだ。

FWCによると、新たな全国最低賃金は週給740.80豪ドル(512.86米ドル)となり、21.60豪ドル引き上げられる。時給は19.49豪ドルに上がる。

成人最低賃金率で給与が支払われる労働者の割合は1.7%(約18万0200人)と推定される。

エコノミストらは最低賃金の伸びについて、家計所得・消費をある程度支援するものの、産業界全体の賃金の伸びに対する影響は限定的だと指摘。RBCのエコノミスト、スーリン・オン氏は「われわれは依然として、景気低迷および労働市場のさらなる減速見通しにけん引され、豪中銀が年内に2度の利下げを行うと予想している」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below