for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アルバニージー豪新首相就任、クアッド会合へ 対中関係「困難」

[シドニー 23日 ロイター] - 21日投開票のオーストラリア総選挙で勝利した労働党のアルバニージー党首は23日、宣誓式を経て31代首相に就任した。気候変動、物価高騰、格差に対策を講じる方針を示し、国民に「変革」を約束した。

開票作業はまだ終了しておらず、新政権の構成も固まっていないが、24日に東京で開かれる日米豪印4カ国の協力枠組み「クアッド」首脳会合に出席するため、英女王の王権を代行する総督の任命を受けて首相に就任した。

同時に、外相にペニー・ウォン氏、財務相にジム・チャルマース氏が就任した。ウォン氏はアルバニージー氏の訪日に同行する。

アルバニージー氏は22日夜にバイデン米大統領と電話会談したと明らかにし、今回の訪日は新政権が外交政策の3つの柱とする「米国との同盟、地域への関与、多国間枠組みへの支持」に整合的だとの声明を出した。

また、中国との関係については「困難なもの」であり続けるだろうと述べた。

選挙管理委員会によると、下院(定数151)のうち、76議席で労働党がリードしており、いくつかの議席は接戦となっている。

アルバニージー氏は、日本からの帰国後、国家汚職防止委員会の設置や、国内経済多様化に向けた150億豪ドル(106億米ドル)規模の製造業ファンドの設立など、選挙公約の実現に向けて迅速に行動すると表明。全閣僚の就任宣誓は6月1日を予定していると述べた。

UPDATE 4-Australia’s new PM Albanese sworn in, off to Tokyo for Quad summit豪、9年ぶり政権交代へ 労働党が総選挙勝利オーストラリア政権交代、金融市場は反応薄 政策継続の見方

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up