November 15, 2018 / 2:44 AM / a month ago

豪就業者数、10月は予想上回る伸び 失業率も12年以来の低水準

[シドニー 15日 ロイター] - オーストラリア連邦統計局が15日発表した10月の雇用統計は、就業者数の伸びが市場予想を上回り、失業率も2012年以来の低水準を維持した。

 11月15日、オーストラリア連邦統計局が15日発表した10月の雇用統計は、就業者数の伸びが市場予想を上回り、失業率も2012年以来の低水準を維持した。写真は運送会社の従業員。シドニーで2016年11月撮影(2018年 ロイター/David Gray)

全体的に強い内容となったことで、外為市場では豪ドルが上昇した。

10月の就業者数は前月比3万2800万人増と、伸びが9月の7800人から加速し、市場予想の2万人も上回った。

フルタイム就業者数が4万2300人増加したことが寄与した。

失業率は9月から横ばいの5.0%。市場では5.1%への上昇が予想されていた。

10月は求職者が増えたが、就業者数の増加がこれを吸収した。

失業率は9月に大きく低下した際、統計上のゆがみとみられていたが、10月も低水準を維持したことで持続的な改善を示唆する格好となった。

コムセックのチーフエコノミスト、クレイグ・ジェームズ氏は「求職者や就業者、労働時間が増え、失業率は6年ぶり低水準にある。文句なしだ」と評価した。

その上で、「物価上昇はなお抑制されているが、雇用市場の引き締まりを踏まえると、一部のアナリストが現在予想しているように豪準備銀行(中央銀行)が2021年まで金利を据え置くと考えるのは難しい」と述べた。

統計発表を受け、豪ドルAUD=D3は0.6%高の0.7279米ドルを付けた。豪金利先物<0#YIB:>が織り込む19年末までの利上げ確率は3分の2で変わらず。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below