for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米フェイスブック、豪メディアと記事使用交渉完了 一部は蚊帳の外

 9月22日、米フェイスブックは豪州の報道機関に対し、記事使用料を巡る契約交渉を終えたと通知した。2018年撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration)

[シドニー 22日 ロイター] - 米フェイスブックは豪州の報道機関に対し、記事使用料を巡る契約交渉を終えたと通知した。ロイターが電子メールを確認した。ニューズ・コーポレーションや豪公共放送ABCを含む大半の大手メディアと契約を交わしているが、一部は蚊帳の外に置かれた。

豪5大ネットワークの一つで、外国語ニュースを提供しているSBSはフェイスブックとの契約締結に至らなかった。同社は、フェイスブックに何カ月も交渉を持ちかけたが、交渉入りを拒否されたと説明。結果に驚き、失望しているとした。米アルファベット傘下グーグルとは記事使用料に関する契約を結んだという。

豪議会は2月に、フェイスブックとグーグルに国内報道機関へのニュース記事使用料の支払いを義務付ける法案を可決した。ただ、SBSなどが取り残されたことで、同法の適用範囲や実効性について疑問が生じた格好となった。

SBSの広報担当は22日付の文書で「この結果は、公共の利益に貢献するジャーナリズムを支えるという政府の意向に反している」と批判した。

フェイスブックは、報道機関に記事の利用料を払って提供する「フェイスブック・ニュース」を豪州で展開するために交渉を進めてきた。幹部は8月に電子メールで各機関に対し、交渉は「既にまとまった」と通知した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up