December 4, 2019 / 4:03 AM / 7 days ago

第3四半期の豪実質GDP、前期比+0.4%に鈍化 消費低迷

[シドニー 4日 ロイター] - オーストラリア連邦統計局が発表した第3・四半期の実質国内総生産(GDP)は前期比0.4%増と、市場予想の0.5%増を下回った。

 12月4日、オーストラリア連邦統計局が発表した第3・四半期の実質国内総生産(GDP)は前期比0.4%増と、市場予想の0.5%増を下回った。写真はシドニーで2017年9月撮影(2019年 ロイター/Steven Saphore)

政府が税還付などの景気対策を打ち出したものの、個人消費が低迷。還付金を貯蓄に回す動きがみられた。

第2・四半期の改定値は0.6%増だった。

第3・四半期のGDPは前年比では1.7%増。第2・四半期の改定値は1.6%増だった。「トレンド」とされる2.75%を依然として大幅に下回っている。

生産が拡大したのは一部の部門にとどまった。

家計の貯蓄率は4.8%に急上昇。消費は0.1%増と、世界的な金融危機以降で最低の伸びとなった。

長期にわたる建設ブームの反動で、住宅建設が経済成長の足を引っ張る要因となったほか、設備投資も低迷した。

人口が年間1.6%増加していることを踏まえると、経済情勢はかなり厳しいといえる。

NABのエコノミスト、Kaixin Owyong氏は「経済の基礎体力が一段と低下しており、失業率にさらに上昇圧力がかかる可能性が高い」と分析。「一段の金融緩和が必要との見方が強まった」と述べた。

豪中銀は6月以降、3回の利下げを実施。政策金利は過去最低の0.75%となっている。

市場<0#YIB:>は政策金利が来年には0.5%に引き下げられると予想。0.25%への利下げも十分にあり得るとみている。

鉱山部門は好調だった。高水準の商品価格や中国の需要が寄与した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below