May 15, 2018 / 6:51 AM / 5 months ago

豪当局がグーグルを調査、「アンドロイド」ユーザー情報収集で

[シドニー 15日 ロイター] - 豪当局は15日、米アルファベット(GOOGL.O)傘下のグーグルが自社の携帯端末向け基本ソフト「アンドロイド」を搭載したスマートフォン(スマホ)のユーザー数百万人から位置情報などを集めているとする訴えを調査していると明らかにした。

 5月15日、豪当局は、米アルファベット傘下のグーグルが自社の携帯端末向け基本ソフト「アンドロイド」を搭載したスマートフォン(スマホ)のユーザー数百万人から位置情報などを集めているとする訴えを調査していると明らかにした。写真は2015年8月撮影(2018年 ロイター/Pawel Kopczynski)

グーグルの広報担当者は、情報収集に関してはユーザーの許可を得ていると回答した。

豪当局による調査は、米ソフトウエア大手オラクル(ORCL.N)のリポートを受けたもの。豪紙によると、オラクルは、アルファベットがアンドロイドスマホユーザーのネット検索に関する詳細情報や位置情報を得ていると訴えた。

オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)とオーストラリアのプライバシー・コミッショナー(プライバシーに関する問題に対処する機関・職名)は、リポートの内容を調査していると表明。ACCCの報道官は「ACCCはオラクルと会った。グーグルのサービスについて提供された情報を検討している。われわれはどのくらいのユーザーが位置情報の利用について知っていたのか調べており、プライバシー・コミッショナーと緊密に連携している」と述べた。

オラクルのリポートによると、ユーザー情報をグーグルに転送することは、ユーザーが地元の通信サービスプロバイダーから購入したデータパッケージを使用することを意味するという。

ロイターはオラクルのリポート内容を今のところ検証できていない。

情報の保護問題に詳しい関係者によると、多くのユーザーはスマホを利用するにあたり契約した内容を理解していないとみられる。業界アナリストは、豪州内には1000万人以上のアンドロイドユーザーがいると推計している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below