August 1, 2019 / 2:54 AM / 25 days ago

豪住宅価格、7月は回復の兆し強まる シドニー2カ月連続上昇

 8月1日、不動産コンサルタント会社コアロジックによると、オーストラリアの7月の住宅価格は主要市場のシドニーとメルボルンが2カ月連続で上昇するなど、回復の兆しが強まった。利下げの効果を示す初期の兆候とみられる。写真は集合住宅の建設現場。シドニーで2月撮影(2019年 ロイター/Tom Westbrook)

[シドニー 1日 ロイター] - 不動産コンサルタント会社コアロジックによると、オーストラリアの7月の住宅価格は主要市場のシドニーとメルボルンが2カ月連続で上昇するなど、回復の兆しが強まった。利下げの効果を示す初期の兆候とみられる。

全主要都市の住宅価格は0.1%上昇。約2年ぶりに上向いた。

主要都市以外の住宅価格が小幅に低下したため、豪州全体の価格は横ばいとなった。

シドニーとメルボルンの住宅価格はともに0.2%上昇。シドニーは2017年半ば以降、値下がりが続いていたが、足元は底入れ感が出ている。

価格の回復は不動産入札の成立率の改善を反映している。シドニーではここ数週間で同率が70%を上回った。

コアロジックの調査部門責任者ティム・ローレス氏は「住宅価格の持ち直しは広がりをみせている。8つの主要都市のうち5都市は前月から若干価格が上昇した」と分析した。

住宅価格の回復はオーストラリア準備銀行(中銀)にとって安心材料になるとみられる。中銀は6月と7月に連続で政策金利を引き下げ、過去最低の1%とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below