January 10, 2019 / 3:43 AM / 5 months ago

テニス=全豪OPを占う、ジョコビッチとフェデラーが優勝候補

 1月9日、テニスの四大大会初戦となる全豪OPの開幕が近づく中、男子シングルスではノバク・ジョコビッチ(中央)とロジャー・フェデラーが優勝候補に挙がっている(2019年 ロイター/Edgar Su)

[メルボルン 9日 ロイター] - テニスの四大大会初戦となる全豪オープン(OP)の開幕が近づく中、男子シングルスではノバク・ジョコビッチ(セルビア)とロジャー・フェデラー(スイス)が優勝候補に挙がっている。

両者は2010年以来、全豪OP9回中8回を優勝。会場のロッド・レーバー・アリーナで行われた直近13大会のうち11大会を制している。ここ2年間の全豪OPは、フェデラーが連勝している。

世界ランキング2位のラファエル・ナダル(スペイン)は足の負傷を抱えていることから、ハードコートでの戦いになる今大会に影響を及ぼすことが懸念される。一方、全豪OPで5回の決勝進出経験のあるアンディ・マリー(英国)は昨年の負傷から復帰し、先週のブリスベン国際では痛みがないことを強調していた。

女子シングルスではセリーナ・ウィリアムズ(米国)が歴代最多の24回目のグランドスラム制覇が懸かっている。そのセリーナを昨年の全米OP決勝で破った大坂なおみも優勝候補に含まれるが、ブリスベン国際の準決勝で敗れた後にシドニー国際は欠場した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below