for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

韓国企業、豪州にグリーンエネルギーの輸出ハブ建設へ

[メルボルン 21日 ロイター] - 韓国企業3社は21日、豪クイーンズランド州にグリーンエネルギーの輸出ハブを建設する計画を発表した。2032年までに年間100万トンのグリーンアンモニアを生産して輸出する。

コリア・ジンク、ハンファ・インパクト、SKガスの3社とクイーンズランド州政府が発表した。

同州コリンズビルに最大3ギガワットの再生可能エネルギー発電施設を建設し、この電力を使って生成したグリーン水素を原料にグリーンアンモニアを生産して韓国に輸出する。

建設費は不明。

グリーンアンモニアは石炭に代わる主要発電燃料になるとみられている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up