August 27, 2019 / 12:59 AM / in a month

豪銀大手4行、資金洗浄問題で半年以内に制裁金も=当局者

 8月27日、豪金融取引報告・分析センター(ASTRAC)トップのニコール・ローズ氏は、国内大手銀行4行に対し、向こう半年以内にマネーロンダリング(資金洗浄)防止法違反で制裁金を科す可能性があると明らかにした。(2019年 ロイター)

[メルボルン 27日 ロイター] - 豪金融取引報告・分析センター(ASTRAC)トップのニコール・ローズ氏は27日、国内大手銀行4行に対し、向こう半年以内にマネーロンダリング(資金洗浄)防止法違反で制裁金を科す可能性があると明らかにした。

ローズ氏によると、ASTRACが2年前にコモンウェルス銀行(CBA)(CBA.AX)を資金洗浄疑惑で民事提訴して以降、銀行による違反の自己申告は7割増加した。

同氏はオーストラリア放送協会(ABC)のラジオ番組で「入手情報の増加を受け、今後6カ月間に民事制裁金も含めさらなる執行措置をとる」と述べた。具体的な銀行名には言及しなかった。

CBAは、疑わしい取引の報告を繰り返し怠るなど資金洗浄防止法に違反したとして、2018年に10億豪ドルの資本積み増しを命じられた。他の大手3行は今年、それぞれ5億豪ドルの積み増しを命じられた。

ローズ氏は、現時点で資金洗浄防止法への意図的な違反の「証拠はほとんど見当たらない」とも述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below