for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪が北京五輪への高官派遣見送り検討か、政治問題化に反対と中国

11月25日、 オーストラリアは、来年2月に開催される北京冬季五輪への政府高官の派遣見送りを検討していると豪紙シドニー・モーニング・ヘラルドが報じた。北京の豪大使館で2019年1月撮影(2021年 ロイター/Jason Lee)

[シドニー 25日 ロイター] - オーストラリアは、来年2月に開催される北京冬季五輪への政府高官の派遣見送りを検討していると豪紙シドニー・モーニング・ヘラルドが25日、報じた。

与野党の政治家が連邦政府に対し、北京大会をボイコットするよう求めているという。

外交的ボイコットは選手の参加は認めるものの、政府代表団を派遣しないというもの。

オーストラリアの外務省およびスポーツ省は現時点でコメント要請に応じていない。

中国外務省の趙立堅報道官は25日の会見で、五輪の政治問題化に断固反対するとし、ボイコットの試みは成功しないだろうと述べた。

バイデン米大統領は先週、北京大会の外交的ボイコットを検討していると明らかにした。中国の人権問題に抗議する姿勢を鮮明にする狙いがあるとみられる。

英国は、政府代表団について未定だが、ジョンソン首相の報道官が今週明らかにしたところによると、同氏はボイコット案を支持していない。

シドニー・モーニング・ヘラルドによると、豪政府はバイデン政権の決定を待ってから外交的ボイコットについて判断を下す方針という。

中国はオーストラリア最大の貿易相手国だが、両国の関係はオーストラリアが新型コロナウイルス発生源の独立調査を求めたことや、米英と創設したインド太平洋の新たな安全保障協力の枠組みなどを巡り、悪化している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up