September 3, 2018 / 5:36 AM / 18 days ago

豪企業の総営業利益、第2四半期は前期比2%増 賃金1.2%増

[シドニー 3日 ロイター] - オーストラリア連邦統計局(ABS)が3日発表した第2・四半期の企業の総営業利益は前期比2.0%増加と、3四半期連続で堅調な伸びを示した。

 9月3日、オーストラリア連邦統計局(ABS)が発表した第2・四半期の企業の総営業利益は前期比2.0%増加と、3四半期連続で堅調な伸びを示した。写真はシドニー港とシドニー中心地区(2018年 ロイター/David Gray)

前年同期比では11%超の増加となった。

企業が支払った賃金・給与の総額は1370億豪ドル(983億米ドル)で、前期比1.2%増。前年比は4.5%増と、個人の賃金に比べて2倍以上の伸びとなった。

また、同統計によると、企業在庫の国内総生産(GDP)に対するマイナス寄与は0.1%ポイントにとどまるとみられる。

これに関し、ウエストパックのシニアエコノミスト、アンドリュー・ハンラン氏は「下押し効果は予想よりもやや小幅だった」と指摘。「企業統計は全体として、上方向でサプライズがあった。つまり、第2・四半期GDP成長率のわれわれの予想である0.6%には上振れリスクがある」と述べた。

ロイターがまとめたエコノミスト16人の調査によると、5日発表の第2・四半期GDPは前期比0.7%増と、第1・四半期の1.0%から伸びが鈍化すると予想されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below