for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪主要都市の住宅価格、第2四半期は前期比+6.7% 過去最高の伸び

 9月14日、オーストラリア統計局が発表した第2・四半期の主要都市住宅価格は前期比6.7%上昇し、過去最高の伸び率となった。売りに出された住宅、シドニーで6月撮影(2021年 ロイター/Swati Pandey)

[シドニー 14日 ロイター] - オーストラリア統計局が14日発表した第2・四半期の主要都市住宅価格は前期比6.7%上昇し、過去最高の伸び率となった。借り入れコストが低水準となっていることを受けたほか、在宅勤務に適した物件への需要が力強かった。

全国的に住宅価格は上昇。8.2%上昇のキャンベラ、8.1%上昇のシドニーが伸びをけん引。メルボルンも6.1%上昇した。

主要都市の住宅価格は前年比で16.8%上昇した。

また、豪州の住宅1070万戸の価値総額は第2・四半期に過去最大の5964億豪ドル(4393億7000万米ドル)拡大し、8兆9000億豪ドルとなった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up