for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪NAB、来年2月の利下げを予想、非伝統的な政策の可能性も

 11月13日、ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)は、豪中銀の次回の利下げ時期の予想を今年12月から来年2月に変更した。非伝統的な金融政策が導入される可能性があるとも指摘している。2018年撮影(2019年 ロイター/Daniel Munoz)

[シドニー 13日 ロイター] - ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)NAB.AXは13日、豪中銀の次回の利下げ時期の予想を今年12月から来年2月に変更した。非伝統的な金融政策が導入される可能性があるとも指摘している。

NABは今年12月の利下げが「最も理想的」としながらも、中銀が来年2月に政策金利を25ベーシスポイント(bp)引き下げ0.5%にすると予想した。

コモンウェルス銀行、ANZ、ウエストパックなど、他の国内大手行も来年2月の利下げを予想している。

NABのチーフエコノミスト、アラン・オスター氏はリポートで「今後景気は回復するが、失業率の悪化を回避できるほど力強いペースにはならない見通しだ」と指摘。

「同時に、政府は目先、大規模な財政刺激を実施しない方向とみられる。労働市場が悪化するという当行の予想が現実のものとなれば、追加利下げや非伝統的な政策を含め、中銀の一段の緩和の必要性が高まる」との見方を示した。

金利先物市場<0#YIB:>は70%以上の確率で来年6月までに25bpの利下げがあると予想している。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up