August 20, 2019 / 11:47 PM / a month ago

米中貿易戦争を非常に憂慮、世界経済への最大リスク=豪中銀総裁

[シドニー 21日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)のロウ総裁は20日夜に行われた企業幹部らとの会議で、米中間の緊張の高まりが世界経済の安定にとって最大のリスクだと指摘した。豪紙シドニー・モーニング・ヘラルドが会議に出席した関係者の話として報じた。

同紙によると、ロウ総裁は、米中貿易戦争が国際的な投資、賃金、経済成長に打撃を与えていると指摘。企業幹部らに対し、「米国がどのような戦略を持っているのか明確には分からない。(米国の一部の人は)西側諸国が中国への対抗姿勢を強める時が来たと述べており、非常に憂慮される」と語ったという。

トランプ米大統領は20日、米中貿易摩擦について「誰かが中国と対決する必要があった」とし、「短期的な結果が良いか悪いかどうかは重要ではない」と述べた。

豪中銀は現時点でロイターの取材に応じていない。

同中銀は6月以降、計50ベーシスポイント(bp)の利下げを実施し、政策金利は過去最低の1%となっている。

このところ、貿易戦争によって不透明感が高まっていると警告しており、20日に公表された8月6日会合の議事要旨では、中銀がマイナス金利も含め、非伝統的金融政策について議論したことが明らかになった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below