April 2, 2019 / 3:37 AM / 17 days ago

豪中銀、政策金利を据え置き 雇用の力強さあらためて強調

 4月2日、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを1.50%に据え置くことを決定した。写真はシドニーにある同行前で2013年4月撮影(2019年 ロイター/Daniel Munoz)

[シドニー 2日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は2日、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを1.50%に据え置くことを決定した。また、雇用の力強さをあらためて強調。他の一部中央銀行が示しているあからさまなハト派トーンに追随する意思は今のところみせていない。

据え置きは市場の予想通りだった。ロイター調査ではアナリスト22人全員が据え置きを予想していた。

ロウ総裁は声明で「オーストラリアの労働市場は引き続き堅調だ」と指摘。「失業率の低下とインフレ目標の達成に向けたさらなる進展が予想されるが、その進展は緩やかなものである可能性が高い」との見方を示した。

また総裁は、理事会は「経済の持続的成長を支えるため、引き続き状況を監視し金融政策を設定していく」とした。

ただ、通貨の上昇を食い止めるためにも、豪中銀は最終的に政策の緩和を迫られるとみられている。

市場<0#YIB:>は早ければ9月に1.25%への利下げがあることを織り込んだ。豪3年債利回りAU3YT=RRは先週、過去最低となる1.37%まで低下。政策金利を下回っている。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below