December 6, 2018 / 3:04 AM / 6 days ago

豪小売売上高、10月は前月比0.3%増 外食は大幅減=統計局

 12月6日、オーストラリア連邦統計局(ABS)が発表した10月の小売売上高は前月比で0.3%増加した。外食や料理のテイクアウトが異例の減少となった。写真はシドニーのファーストフードレストランで昨年9月撮影(2018年 ロイター/Steven Saphore)

[シドニー 6日 ロイター] - オーストラリア連邦統計局(ABS)が6日発表した10月の小売売上高は前月比で0.3%増加した。外食や料理のテイクアウトが異例の減少となった。

市場予想は0.2%増。9月の売上高は、0.2%増から下方修正され0.1%増となった。

家財道具や衣料品が回復した半面、カフェ、レストランやテイクアウトにおける売上高は0.9%減少した。減少率は2017年8月以来の大きさだった。

豪州ではかつて過熱化していた住宅市場の縮小、賃金上昇の伸び悩みや家計債務拡大の中、小売セクターも逆風にさらされている。オーストラリア準備銀行(RBA、豪中央銀行)は4日公表した声明で、家計消費の見通しが「引き続き不透明要因の1つとなっている」と指摘した。

中銀は2016年8月に政策金利を過去最低の1.50%へ引き下げて以来、金利据え置きを継続している。

豪金利先物<0#YIB:>は2020年半ばまで、25ベーシスポイント(bp)の利上げを完全には織り込んでいない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below