January 10, 2020 / 3:17 AM / 5 months ago

豪小売売上高、11月は予想上回る0.9%増 12月は厳しい数字に

[シドニー 10日 ロイター] - オーストラリア連邦統計局が発表した11月の小売売上高は前月比0.9%増加し、エコノミスト予想の0.4%増を上回った。2019年2月以来の大幅な増加となった。

 1月10日、オーストラリア連邦統計局が発表した11月の小売売上高は前月比0.9%増加し、エコノミスト予想の0.4%増を上回った。写真はシドニーのショッピングモールで2017年7月撮影(2020年 ロイター/David Gray)

年末商戦の幕開けとされる感謝祭翌日の「ブラックフライデー」が押し上げ要因。

11月は衣料品、家庭用品、百貨店やレストランの売上高が軒並み増加した。

NABのエコノミストは「売上高のトレンドは悪化傾向にあり、11月の大幅な伸びはブラックフライデー/サイバーマンデーの人気が高まっていることを反映している側面もある」と指摘。「予想を上回る売上高はクリスマス消費の前倒しと、クリスマスセールがかつてほど重要ではなくなっていることを意味している可能性がある」との見方を示した。

一般的な景気後退の定義とされる「2四半期連続のマイナス成長」を28年間以上にわたって経験していなかったオーストラリア経済だが、最近では上がらない賃金や高水準の債務に苦しむ消費者が急激に支出を減らしていることを背景に、軟調な局面を迎えている。

オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は昨年3回の利下げを実施し、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを0.75%まで引き下げたが、消費を刺激するには至っていない。政府による税金の還付も、消費ではなく貯蓄に回ったもようだ。

経済の不振は、幅広い層への税還付や雇用創出などの経済政策を公約に掲げて昨年5月の総選挙で勝利したモリソン首相にとっても頭痛の種だ。

各地で猛威を振るう史上最悪の森林火災も、少なくとも目先は消費を下押す可能性が高い。

森林火災が豪経済成長にブレーキをかけ、RBAが2月にも追加利下げを迫られるとみるエコノミストもいる。金利先物市場<0#YIB:>は2月までの利下げの確率を40%織り込んでいる。

オーストラリア・ニュージーランド(ANZ)銀行(ANZ.AX)が発表した12月の豪求人広告件数が前月比6.7%減の14万2569件と2016年4月以来の低水準を記録するなど、森林火災の影響はすでに一部の経済指標に表れ始めている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below