September 3, 2018 / 3:16 AM / 16 days ago

豪小売売上高、7月は前月比横ばい 予想下回り豪ドル下落

[シドニー 3日 ロイター] - オーストラリア連邦統計局(ABS)が3日発表した7月の豪小売売上高は前月比横ばいと、予想の0.3%増を下回り、3月以来の弱い結果となった。発表を受けて外為市場では豪ドルが下落した。

 9月3日、オーストラリア連邦統計局(ABS)が3日発表した7月の豪小売売上高は前月比横ばいと、予想の0.3%増を下回り、3月以来の弱い結果となった。発表を受けて外為市場では豪ドルが下落した。写真はシドニー中心部にあるショッピングモールで7月撮影(2018年 ロイター/David Gray)

6月は0.4%増加していた。

7月は衣料品・靴の売上高が2%減と落ち込みが目立ったほか、百貨店が1.9%減、家庭用品も1.2%減となった。一方、食品や外食の売上高は増加した。

統計発表を受けて豪ドルAUD=D3は0.7166米ドルに下落し、2017年初め以来の安値を付けた。その後は0.2%安の0.7177米ドルとなっている。

エコノミストの間では、緩慢な賃金上昇や住宅市場の減速による家計消費への影響が懸念されている。

7月の小売売上高統計は、家計消費が「引き続き不透明感の源」との見方を繰り返し示しているオーストラリア準備銀行(中央銀行)にとっても失望も誘う内容とみられる。

中銀は4日の理事会で政策金利を1.5%に据え置くことがほぼ確実視されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below