April 3, 2019 / 2:44 AM / 3 months ago

豪小売売上高、2月は前月比+0.8% 15カ月ぶりの高い伸び

[シドニー 3日 ロイター] - オーストラリア連邦統計局が発表した2月の小売売上高は前月比0.8%増と、2017年11月以来15カ月ぶりの高い伸びとなった。家計消費の底堅さを示す内容で、統計発表後に豪ドルは上昇した。

 4月3日、オーストラリア連邦統計局が発表した2月の小売売上高は前月比0.8%増と、2017年11月以来15カ月ぶりの高い伸びとなった。写真はシドニーで昨年2月撮影(2019年 ロイター/Daniel Munoz)

小売売上高の伸び率は1月の0.1%から加速し、市場予想の0.2%を大幅に上回った。

家計部門が高水準の債務や賃金の鈍い伸び、不動産市況の悪化に直面するなか、ここ1年は消費支出の動向が政策当局者にとって懸念材料となっていた。

小売売上高の堅調な伸びを受けて家計部門の見通しが改善し、豪ドルの対米ドル相場AUD=D3は0.7100米ドルに上昇した。

小売統計を受けて、第1・四半期の国内総生産(GDP)が再び弱い数字となるリスクも低下した。第4・四半期のGDP成長率は前期比で0.2%と、予想を下回る伸びにとどまった。

家計支出は通年のGDPの約57%を占める。

ナショナル・オーストラリア銀行のエコノミスト、Kaixin Owyong氏は「非常に堅調な数字で、中銀は家計消費は19年第1・四半期に回復するとの見通しをある程度確認できる。価格の影響があるかもしれないが、中銀に政策の保留を維持する余地を与える内容だ」と述べた。

政府は2日、減税や補助金措置を盛り込んだ来年度(2019年7月─2020年6月)予算案を発表した。低迷する小売りセクターを支援することが期待されている。[nL3N21K27C]

また、別途発表された2月の貿易黒字は48億豪ドル(34億米ドル)で、市場予想の38億豪ドルを上回り過去最高だった。鉄鉱石輸出の増加に支えられた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below