June 28, 2018 / 5:31 AM / 6 months ago

豪内政干渉阻止法案、中国を念頭に置かず=チオボー貿易相

 6月28日、オーストラリアのチオボー貿易相は、外国による内政干渉の阻止を目的とした法案について、中国を念頭に置いたものではないと述べた。写真は上海で会見する同貿易相。5月撮影(2018年 ロイター/Aly Song)

[シドニー 28日 ロイター] - オーストラリアのチオボー貿易相は28日、外国による内政干渉の阻止を目的とした法案について、中国を念頭に置いたものではないと述べた。

オーストラリアと最大の貿易相手国である中国は、ターンブル首相が昨年、同法案を正当化する理由として中国による干渉に言及して以来、関係が悪化している。

関係悪化が両国間の貿易に影響する中、貿易相の発言はこうした影響を和らげる狙いがあるとみられる。法案は同日、上院で可決された。

チオボー貿易相は「法案は中国に関するものではない。オーストラリアの主権に関するものだ」と述べ、中国との二国間関係に関わるものと表現するのは不当だとの見方を示した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below