February 28, 2018 / 1:57 AM / 6 months ago

豪、タカタエアバッグ問題で強制リコール 過去最大の230万台

[シドニー 28日 ロイター] - オーストラリア政府は、タカタTKTDQ.PK製エアバッグを搭載した車両計230万台のリコール(回収・無償修理)を命じた。強制リコールとしては同国で過去最大だという。

 2月28日、オーストラリア政府は、タカタ製エアバッグを搭載した車両計230万台のリコール(回収・無償修理)を命じた。強制リコールとしては同国で過去最大だという。写真はタカタのロゴ。昨年2月東京で撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

財務省によると、エアバッグは2020年末までに交換が必要で、できなかった場合は自動車メーカーが違反ごとに罰金110万豪ドル(85万7000米ドル)を科せられる。

対象車を販売したメーカーはトヨタ自動車(7203.T)、マツダ(7261.T)、フォード(F.N)、フォルクスワーゲン(VOWG_p.DE)、ホンダ(7267.T)、BMW(BMWG.DE)、三菱自動車(7211.T)、日産自動車(7201.T)、スバル(9778.T)。

今回の強制リコールは、政府が昨年指示した自主的なリコールに続くもの。自主回収に応じたオーナーは対象の半分以下だったという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below