Reuters logo
豪首相、南オーストラリア州の新銀行税を問題視
2017年6月23日 / 01:48 / 5ヶ月前

豪首相、南オーストラリア州の新銀行税を問題視

[シドニー 23日 ロイター] - オーストラリアのターンブル首相は23日、南オーストラリア州が豪大手銀5行に対して新たな州税を導入することを決定したことについて、州内の投資や雇用に悪影響が及ぶことへの懸念を示唆した。

首相は記者団に、州内の投資や雇用の促進につながるかは疑問で、「実際は州の競争力を阻害するのではないか」と述べた。

同国では、連邦政府も5月、豪大手銀行5行に対する62億豪ドル規模の新たな銀行課税を発表している。

首相は連邦税について、1つの州に限定されるよりも「全国的で首尾一貫している」と擁護。

これに対し、南オーストラリア州のウェザリル首相はABCテレビで、銀行は「公平なシェアの税金を支払っておらず」、州の課税は「公平かつ適切」と主張した。

同州が課税に動いたことで、他の州も追随するのではないかとの観測が強まっている。UBSは調査ノートで「パンドラの箱が開けられた」と指摘した。

西オーストラリア州のワイアット財務相は、州税の導入は検討していないとしながらも、「南オーストラリア州の動向、実際の実施方法を見守っていく」と述べた。

同相はABCラジオで「(銀行税が)魅力的なオプションではないふりを一瞬でもするつもりはない」と語った。

ビクトリア州政府の報道官は「現段階でそうした計画はない」とコメント。クイーンズランド州政府の報道官も、銀行税は検討していないと述べた。

ニューサウスウェールズ州のコメントはこれまでのところ得られていない。

*内容を追加します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below