Reuters logo
米エクソンやシェブロン、豪で2016年度も納税せず 欠損金計上で
December 8, 2017 / 3:21 AM / in 10 days

米エクソンやシェブロン、豪で2016年度も納税せず 欠損金計上で

[メルボルン 7日 ロイター] - 米石油大手エクソンモービル(XOM.N)とシェブロン(CVX.N)は2016年度、豪州で得た利益に対し3年連続で納税していなかった。豪税務局(ATO)が7日報告した。欠損金の計上が理由。

 12月8日、米石油大手エクソンモービルとシェブロンは2016年度、豪州で得た利益に対し3年連続で納税していなかった。写真はエクソンモービルのガソリンスタンド。コロラド州デンバーで7月撮影(2017年 ロイター/Rick Wilking)

エクソンは豪州で、バス海峡での石油・ガス生産を行っているほか、ゴーゴン液化天然ガス(LNG)プロジェクトなどの権益を保有する。同年度は67億豪ドル(50億米ドル)の利益を上げたが、欠損金を計上したため、過去2年間と同様に税金を支払わなかった。

同社は、ゴーゴンやキッパー・ツナ・タラムなどの主要プロジェクトへ数年にわたり約180億豪ドルを投資したため、課税所得が発生しなかったと説明。広報担当者は「当社はこの数十億豪ドルの投資を2017年に完了し、生産を開始した。エクソンモービル・オーストラリアの納税額は大幅に増加する見込みだ」と説明した。

    シェブロンは2016年に21億豪ドルの利益を計上したが、納税せず。英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェル(RDSa.L)の豪部門は42億豪ドルの利益を上げ、課税所得は9700万豪ドルに上ったが、同じく納税しなかった。

    シェブロンはゴーゴンやウィートストーンのLNG事業を運営しており、100%稼働するようになれば多額の税金を支払うことになると説明した。

    ATOは大企業に対して2年前、納税額の開示要請を開始した。資源大手BHPビリトン(BHP.AX)(BLT.L)やリオ・ティント(RIO.AX)(RIO.L)、石油・ガス大手などが、税率の低いオランダやシンガポールなどへ利益を移転したと批判されている。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below