for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニーの数万人に避難指示、豪東部の集中豪雨受け

7月4日、豪最大都市・シドニーでは、週末の集中豪雨で郊外の一部地域が洪水に見舞われたことを受け、住民数千人に新たに避難指示が出された。写真は3日、浸水したソシドニー近郊ミルペラで、ポニーを救助した救助関係者。動画より(2022年 ロイター/NSW State Emergency Service)

[シドニー 4日 ロイター] - 豪最大都市シドニーでは4日、週末の集中豪雨で郊外の一部地域が洪水に見舞われたことを受け、住民数万人に新たに避難指示が出された。気象局は今後12時間に天候がさらに荒れると警告している。

シドニーがあるニューサウスウェールズ(NSW)州の複数の地域は、週末に約1カ月分の降水量を記録した。3日以降、約3万人が避難指示を受けたか、受ける可能性があると警告されている。一部の人は今年3度目の浸水被害を受けた。

交流サイトに投稿された動画には一部浸水したガソリンスタンド、住宅、乗用車、道路標識や洪水で流されるごみ箱が映っている。軍用車両が出動して取り残された人を救助している。

ワット連邦緊急管理担当相はABCテレビに対し、洪水が頻繁に起きており、気候変動に真剣に対処する必要があると述べた。

気象局によると、同州のニューカッスルからシドニーの南に至る広範な地域で、今後24時間に約100ミリの雨が降る可能性がある。

2日以来の降水量は多くの地域で200ミリを超え、一部は350ミリを超えた。

荒天で鉄砲水や地滑りが起きる可能性もある。シドニーでは約70件の避難指示が出された。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up