Reuters logo
オーストリア総選挙で中道右派が第1党、極右が政権入りか
2017年10月15日 / 23:57 / 1ヶ月後

オーストリア総選挙で中道右派が第1党、極右が政権入りか

[ウィーン 16日 ロイター] - オーストリア国民議会(下院)選挙の投票が15日、行われた。難民・移民の受け入れ厳格化を訴える中道右派の国民党の第1党躍進がほぼ確実となった。

 10月15日、オーストリア国民議会(下院)選挙の投票が行われた。難民・移民の受け入れ厳格化を訴える中道右派の国民党の第1党躍進がほぼ確実となった。ただ、過半数には足らず、極右・自由党と連立を組む可能性が高いとみられる。次期首相には、国民党を率いるクルツ外相(写真)が就任する見通しとなった(2017年 ロイター/Dominic Ebenbichler)

ただ、過半数には足らず、議席を大きく増やした極右・自由党と連立を組む可能性が高いとみられる。

次期首相には、国民党を率いるクルツ外相が就任する見通しとなった。クルツ氏は31歳で、世界最年少のリーダーの1人となる。

中東などから難民が欧州に押し寄せるなか、難民受け入れに否定的な国民党と自由党が2013年に行われた前回選挙から議席を大きく伸ばした。

クルツ氏は歓声を上げる支持者を前に「不可能を可能にした。あなた方のコミットとこの歴史的な成功に感謝する」と述べた。

ケルン首相の下、オーストリア経済は6年ぶり高成長を達成する勢いで、失業率も低下している。ただ、有権者の支持は、クルツ氏が訴える反移民・難民政策に集まった。

調査会社SORA予測によると、国民党の得票率は31.6%。ケルン氏の社会民主党は26.9%、自由党は26.0%。

クルツ氏は、16日に集計される郵便投票の結果を待つとし、連立相手には言及しなかった。最終結果は19日まで判明しない見通し。

郵便投票は過去最高を記録しており、最終結果は予断を許さない。

社会民主党が3位に転落すれば、連立協議での立場は弱まる見込み。

国民党の連立相手としては自由党の可能性が高いが、クルツ氏は選択肢はオープンとしている。

「自由党と社会民主党のどちらとも連立合意はなく、結果待ちだ」と述べた。

*内容を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below