for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オーストリア大統領選、決選投票やり直しへ 憲法裁が判断

7月1日、オーストリアの憲法裁判所は、大統領選挙の決選投票をやり直す必要があるとの判断を示した。写真は決選投票の候補らの選挙ポスター。ウィーンで5月撮影(2016年 ロイター/HEINZ-PETER BADER)

[ウィーン 1日 ロイター] - オーストリアの憲法裁判所は1日、大統領選挙の決選投票をやり直す必要があるとの判断を示した。僅差で敗れた極右政党「自由党」候補者ノルベルト・ホーファー氏が大統領に就く可能性が出てきた。

5月22日の決選投票では「緑の党」前党首のファン・デア・ベレン氏が1%ポイント未満の差でホーファー氏を破った。郵送票がデア・ベレン氏に有利に働いたが、一部で決められた時間より早く開票するなど郵送票の開票方法に問題があったとの指摘が出ていた。

憲法裁は今回の判断について、選挙の規定を厳密に運用すると説明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up