April 10, 2019 / 3:24 PM / 2 months ago

EV税額控除拡充へ米超党派議員が法案、GMやテスラに恩恵

 4月10日、米議会の超党派グループは、電気自動車の税額控除拡充法案を提出する。ゼネラル・モーターズやテスラが恩恵を受けるとみられる。ロンドンで昨年3月撮影(2019年 ロイター/SIMON DAWSON)

[ワシントン 10日 ロイター] - 米議会の超党派グループは10日、電気自動車の税額控除拡充法案を提出した。ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)やテスラ(TSLA.O)が恩恵を受けるとみられる。

ロイターの報道を受け、GMとテスラの株価は上昇、直近でいずれも1%超値上がりしている。

現行では20万台を7500ドルの税額控除対象としているが、法案はメーカー1社当たり40万台に7000ドルの税額控除を新たに認める。

水素燃料電池関連の税額控除も2028年にかけて続けるとした。費用は114億ドルと見積もった。

既存の電気自動車向け税額控除(7500ドル)は、メーカーの販売台数が20万台に達すると、1年3カ月間にわたって段階的に廃止される。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below