for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フォードはEV部品の自社工場生産増が必要=CEO

 11月15日、米自動車大手フォード・モーターのファーリーCEOは、将来的に「あらゆる人が役割を持つ」ために、フォードはEV用部品の自社工場での生産を増やす必要があると述べた。写真は同社のロゴ。フランクフルトで2019年9月撮影(2022年 ロイター/Wolfgang Rattay)

[デトロイト 15日 ロイター] - 米自動車大手フォード・モーターのジム・ファーリー最高経営責任者(CEO)は15日、将来的に「あらゆる人が役割を持つ」ために、フォードは電気自動車(EV)用部品の自社工場での生産を増やす必要があると述べた。市民運動グループがスポンサーとなり、デトロイトで開かれたイベントでの発言。

ファーリー氏は、EVはガソリン車など内燃機関車と比べて生産に必要な労働力が40%減ると説明。「われわれはナンバーワンになりたい」と述べた。

またイベントの傍ら記者団に、フォードはミシガン州ディアボーンのルージュ工場で自動車部品の多くを自社生産していた「モデルAに戻る」とも発言。モーター、バッテリーなどEV部品の内製化は、雇用を維持し、競争力を高めるために不可欠だと主張した。 

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up