June 6, 2019 / 2:19 AM / 13 days ago

米GM、新興企業へのオハイオ州工場売却計画変更せず=CEO

 6月5日、米自動車大手ゼネラル・モーターズのメアリー・バーラ最高経営責任者は、オハイオ州ローズタウンにある工場を電動トラックなどを手掛ける新興企業ワークホース・グループなどに売却する計画について、入念に検討されており、成功のチャンスがあると強調した。写真は首都ワシントンで撮影(2019年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 5日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)のメアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)は5日、オハイオ州ローズタウンにある工場を電動トラックなどを手掛ける新興企業ワークホース・グループ(WKHS.O)などに売却する計画について、入念に検討されており、成功のチャンスがあると強調した。

バーラ氏はロイターとのインタビューで、国内に余剰生産能力があるため、3月に生産を停止した同工場で新車種を製造することは計画していないと述べた。

GMは先月、ワークホースと売却について協議を進めていると発表したが、同工場で引き続きGM車の生産を求める人々の批判や、トランプ米大統領からの圧力にさらされている。オハイオ州はトランプ氏の2020年の再選の鍵を握る政治的に重要な州で、自動車業界の雇用確保を最重要政策の1つに掲げている。

オハイオ州選出の議員らはバーラ氏に対し、ローズタウン工場で電気自動車(EV)を生産するか、メキシコで生産している「シボレー・ブレイザー」の生産を同工場に移すよう求めた。

その1人、シェロッド・ブラウン民主党上院議員はバーラ氏との会合後、記者団に対し「われわれはGMに戻って欲しい。GMに工場を満たして欲しい。バーラ氏の代替案については聞かなかった」と述べた。

一部の評論家からは、電動トラックとドローンを生産する小規模の新興企業であるワークホースが大規模なローズタウン工場を取得できるのか疑問視する声が上がっている。ワークホースは07年の創業以来累計で約1億5000万ドルの損失を計上しており、3月末時点での手元資金は280万ドルにとどまる。

バーラ氏はワークホースは技術と契約を持っているとした上で「ワークホースに機会を与えて欲しい」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below