December 4, 2013 / 6:47 PM / 5 years ago

三菱自動車 、米国で電気自動車i─MiEVを20%値下げへ

[デトロイト 4日 ロイター] - 三菱自動車 は、次世代のサブコンパクト電気自動車(EV)「i─MiEV」の価格を米国で20%値下げする方針を明らかにした。

来春発売する2014年モデルの価格は2万3845ドルとし、2012年モデルから6130ドル引き下げる。

連邦税額控除を考慮すると価格はさらに下がり、1万6345ドルとなるほか、カリフォルニア州居住者は別途に最大2500ドルの援助を受けることができる。

米国では、価格が高いことや充電ステーション網が十分に整備されていないことなどから、「i─MiEV」のようなプラグインEVへの需要は振るわない。

調査会社オートデータによると、米国での1─11月のハイブリッドおよびプラグインEVの販売台数は56万4287台と、新車販売総数のわずか4%にとどまっている。

「i─MiEV」の1─11月の販売台数は1018台と前年からほぼ倍増したものの、11月単月では前年比71%減の12台となっている。

今年に入り、トヨタ自動車 、ホンダ 、日産自動車 、米ゼネラル・モーターズ(GM) 、フォード・モーター 、独ダイムラー 、伊フィアット なども、EVの値下げを実施、もしくは値ごろ感のあるリースを進めている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below