February 13, 2019 / 3:44 PM / 3 days ago

トヨタ「レクサス」が8年連続首位=19年米自動車耐久品質調査

 2月13日、米調査会社JDパワーの2019年米自動車耐久品質調査で、トヨタ自動車の「レクサス」が8年連続で首位となった。デトロイトで1月撮影(2019年 ロイター/JONATHAN ERNST)

[13日 ロイター] - 米調査会社JDパワーの2019年米自動車耐久品質調査(VDS)で、トヨタ自動車(7203.T)の「レクサス」が8年連続で首位となった。

この調査は、購入から3年経過した所有者に車の不具合を聴取し、100台当たりの不具合件数を点数化したもので、数値が低いほど品質が高いことを示す。 レクサスの不具合件数は100台当たり106件。独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)傘下のポルシェとトヨタがそれぞれ108件の2位だった。

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCAU.N)の「フィアット」ブランドは最下位に転落した。

米ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)が20部門中5部門、トヨタは4部門でそれぞれ1位に輝いた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below