Reuters logo
米国のドライバー、バッテリー故障が最大の問題=調査
2017年2月23日 / 07:16 / 9ヶ月後

米国のドライバー、バッテリー故障が最大の問題=調査

[22日 ロイター] - 自動車業界向けコンサルタントのJDパワーが22日発表した毎年恒例の調査によると、自動車を入手してから3年間で米国のドライバーを最も悩ませたのは、バッテリーの故障だった。

2014年モデルを対象に調査したところ、最も多く交換された部品はバッテリーで、バッテリーの故障を報告したドライバーは前回調査を44%上回った。

また、最も多くの問題が報告された領域は、オーディオ・通信・娯楽・ナビゲーション(ACEN)で、全体の22%を占めた。

昨年の調査は2013年モデルが対象で、スマートフォン(多機能携帯電話)と自動車の通信システムの接続(ペアリング)が主な問題となっていた。

この調査は、今年で28年目となる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below