Reuters logo
タカタ欠陥エアバッグの根本原因特定、主要自動車メーカーの調査で
February 23, 2016 / 7:48 PM / 2 years ago

タカタ欠陥エアバッグの根本原因特定、主要自動車メーカーの調査で

[ワシントン/デトロイト 23日 ロイター] - 自動車メーカー大手10社は、タカタ7312.Tの欠陥エアバッグ問題について、3つの根本的な原因を特定したと明らかにした。

 2月23日、自動車メーカー大手10社は、タカタの欠陥エアバッグ問題について3つの根本的な原因を特定したと明らかにした。写真はタカタのロゴマーク。都内で2013年4月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

10社の依頼を受けオービタルATK(OA.N)が実施した調査結果によると、エアバッグ異常破裂の根本原因は、湿気にさらされる状況、設計・製造上の問題、プロペラント(ガス発生剤)としての硝酸アンモニウム使用と判明したという。

乾燥剤を使用していない硝酸アンモニウムのプロペラント、湿気を含む高温の環境下に長期間さらされた状況、インフレーター(ガス発生装置)の組み立てで湿気防止対策が不十分であったことが組み合わさり、破裂を引き起こしたとしている。

    調査は乾燥剤を使用していないインフレーターのみを対象に実施された。

    タカタは今回の結果について、自社調査、および独フラウンホーファーに依頼した追加調査の結果と整合するとの見解を示した。

    米道路交通安全局(NHTSA)報道官は結果を検証しているとコメントした。

    *内容を追加しました。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below